ブログトップ

livi*n small

ira4blue.exblog.jp

<   2009年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

可愛い孫のために。

c0198930_19311849.jpg

夫の実家に帰省してます。約9時間のドライブ、アラフォー夫婦にはちょっと堪えて、昨日は軽い時差ボケ状態に。

夜になると私達が寝泊まりする別宅の外壁に孫に見せるために片付けを延期しているクリスマスイルミネーションがキラキラ。

年に二回しか会えないおじいちゃんの気持ち。

面倒だろうに…、毎年毎年ありがとう。
[PR]
by happy-ruu | 2009-12-30 19:31

帰省準備。

c0198930_9234868.jpg

夫の実家に帰省するので昨日から準備をしてます。

着替えのやりくりや洗濯、ゴミ出し、冷蔵庫の中身の整理などなど、どこかで妥協しないと考え始めたらとめどなくでてくる色んなこと。

まずは痛みそうな食材をやっつける作業。

ゆず、レモンをハチミツ漬けして、リンゴはいつものシナモンシュガー煮。えのきはなめたけに変〜身。

冬は着替えも大量。おしゃれ重ね着なんてやめてください。と言いたくなる夫の服の量。


引っ越しよりはましだけど、盆と正月ばかりは実家が近い人がうらやましいのです。
[PR]
by happy-ruu | 2009-12-28 09:23

スペシャルな日。

c0198930_13295885.jpg
クリスマス当日は朝から写真を撮りに行ってきました。今更ながら七五三。
安産祈願に始まりお宮参り、お食い初め、何もかもを省略し育ち続けてはや5年の息子。
いくら2人目とはいえ手を抜きすぎな自分に反省しつつ、誕生日のお祝いの記念と私の老後の楽しみの為に写真だけは撮っておこうとこれまた突発的に行ってきました。
どこまでも思いつきで行動する私。

当たり前の事ですが、七五三は7歳までの子どものお祝いなので、すでに9歳の娘にサイズが合う着物は2点しかなく(水色かピンク色)、腕がひょろ長い彼女はごまかしながら撮影してもらいました。
息子は羽織袴=シンケンジャーとなり、戦隊モノのコスプレ状態。
夫がいないほうが子ども達はふざけないし、お客さんも私達のみ、さくさく撮影、進みました。
ビバ・平日!!!


午後からは友達宅で持ち寄りクリスマス会。

c0198930_13312345.jpg

手前のトマトのパスタが絶品でした。
味噌が隠し味だそう。

食事の後にサプライズが。。。。。。
この日誕生日を迎えた息子と私の為に友達がケーキを用意してくれていました。

c0198930_13332412.jpg


みんなにハッピィバースデイ~♪と歌ってもらい照れる息子。
私もなんだかこっぱずかしくて、でもホントはすごーく嬉しかったです。
この気持ち、何でお返しすることが出来るかな。
お金で買えない、何にも替え難い大切な友達。
ありがとう。。。。。。


携帯メールにも遠方に住んでいる幼なじみや老後の友からもおめでとうメールをもらいました。
年末の忙しい時に思い出してくれた温かい気持ちが何より嬉しいです。

資産や家宝はないけれど、温かい友達が私の財産です。
人のつながりの大切さを子ども達にも伝えたいと思います。

財産のみなさま、どうぞこれからもよろしくお願いします。
[PR]
by happy-ruu | 2009-12-26 13:49 | こどもたち。

1224。

c0198930_2072275.jpg

今朝洗濯物干しをしてる時、真っ赤なマフラーをしている二十歳くらいの女性を見かけました。

お昼頃にはピンクのコートを着て、ホールケーキの箱を持っている高校生くらいの女の子を。

夕方には真っ赤なコートにヒールを鳴らしながら歩く社会人っぽい女性を。

みんなこれから好きな人に会いにいくひたむきさを秘めている感じでした。

心をときめかせてキラキラ輝いてる姿がまぶしかったです。

私は…、スイミングで子どもを見てる最中。

ときめいたクリスマスの延長に今の平穏があるのだと思いながら、なんてないクリスマスイブが過ぎていきます。
[PR]
by happy-ruu | 2009-12-24 20:07

大人の遠足・2009・冬編。

おとついの火曜日、小学校2学期最後の給食の日、娘の同級生ママと2人で大人の遠足に行ってきました。
大人の遠足という題目なので、息子は幼稚園の預かり保育へIN。

行き先は“うきは”。
なぜうきはか?というのは、秋に友達が家族で行って柿畑の朱色がとても美しく町のほどよい静けさが良かったよ、と聞いていたのと、お土産にもらった赤米ほうじ茶と豆たん(お菓子)をもう一度手に入れたかったという、雑念による理由からです。

運転手は言いだしっぺの私。
下道でのんびり、子どもの事、家族の事、学校の事、美容の事、思い出話をおしゃべりしながら、約2時間。
友達は気の合うとってもおしゃべりさんなので相槌を打つだけでもかなり楽しいプチ旅。
彼女の旦那さんも彼女のこんなところが可愛くて仕方ないのだろうな~なんてちょっと危ない想像もして到着したうきはの町は、空気が福岡市内に比べ澄み渡っていて軽い感じ。
何だか懐かしいね~という私達。
お互い田舎モノってことね、と笑って、最初に訪れた場所は、和菓子葡萄屋。

ここで、↓お目当ての豆たんやらほうじ茶、抹茶のかりんとう、かきジャム(友達のおすすめ)
c0198930_16503249.jpg

c0198930_1652159.jpg


を買って、気持ちを少し落ち着かせ、お次はランチに。
カフェ納めと先日言っていたのに、私、うそをつきました、ごめんなさい。














c0198930_1654499.jpg


右上 cafe たねの隣  右下 たねの隣の案内 左下 たねの隣の入り口(オリーブの鉢植えにほおずきが飾ってあり、クリスマスツリーに見立ててあります) 左上 和菓子葡萄屋の入り口 ぶどうのたねという集落の中にすべてのお店があります。


カフェの中は撮影禁止だったので画像はなしですが、食事をしながら、
c0198930_1712151.jpg


こんな景色を望みながら美味しい薬膳カレーをいただきました。
カレーのほかに内臓に優しい豆サラダやキッシュ、豆乳とカボチャのスープなどの小さいおかずと食後に豆たんに豆乳プリン、飲み物もついていて運転の疲れもどこへやら。

おなじ敷地内には台所の道具、暮らしの布、食品調味料を扱う“隣りの売店”、ガラス、漆、暮らしの器 わっぱ、衣服を扱う“ギャラリー ぶどうのたね”、“きもの 田中屋”があり、ぶらぶらしているともう帰りの時間に。

帰路につく車中でお互いの来年の抱負を探り合いながら、また2時間かけて帰ってきました。
友達は恋をすると俄然パワーが沸くタイプという新たな発見をしたので、家事・育児が手につかないくらいの相手が現れるといいね、と主婦らしからぬ事をけしかけておきましたが、さてどうでしょう(笑)。

私にもそんな情熱をささげられる人が現れたらどうしましょ?なんて思いながら、それぞれの家に無事に帰り着きました。
[PR]
by happy-ruu | 2009-12-24 17:25 | ひびのこと。

お誕生日のケーキ。


c0198930_11431132.jpg

クリスマス生まれの寂しさはプレゼントが1つということと、クリスマスケーキ作成で多忙なケーキ屋さんにキャラクターケーキを作ってもらえないというタイミングの悪さも加わります。

昨年までお誕生日のキャラクターケーキの存在を知らなかった息子も、さすがにお友達との会話の中からその存在をしってしまい、今年は絶対に絵のついたケーキが欲しい!!!
と譲りませんでした。
おまけに買ってきたケーキがいいそうで、母の出番はなし(ある意味助かった)。

私が100歩譲って(キャラものパジャマ、買った事ないのですが)シンケンジャーパジャマを買おうと誘ってもその誘惑にも負けてはくれませんでした。

クリスマスの5日前までしかキャラクターケーキは作っていませんと聞いていたので、ぎりぎり予約をして家に持ち帰ったシンケンレッドのケーキ。

箱から出したケーキをにんまりしながら、ずっっっーーーと眺めていた息子の顔を見て、小さい心を満たす大切さを改めて感じました。

お誕生日のキャラクターケーキの存在は知られてしまいましたが、お誕生日プレゼントとサンタさんからのプレゼントが1個にまとめられているということにはまだ気付いていません。

私もクリスマス生まれなのでプレゼントはいつも1個だけでした。
けれど心なしか弟のプレゼントより少し高価で、必ず私が欲しがっていた物を贈ってくれた両親の気持ちが、今になるとよーく分かるのです。

親になってようやく分かることの諸々が今の私へのプレゼントなのかもしれません。

何はともあれ、無事に5年間生きてこられた息子と息子を支えてくださっているすべての人に感謝を、そしてお誕生日おめでとう。
[PR]
by happy-ruu | 2009-12-21 11:46 | こどもたち。

人参とじゃがいものポタージュ。

c0198930_7355656.jpg

朝から食欲がない息子に、以前日和カフェで食べた人参とじゃがいものポタージュを作ることに。

人参1本とじゃがいも1個を茹でて、ミキサーにかけ、少しのコンソメと牛乳でのばして、小さなボウルにちょうど4人分。

娘に味見してもらいながら作ったのに。

“ベタベタするけんいらないっ。”

て。

そう言えば赤ちゃんの頃からお粥が嫌いで歯ごたえがあるものばかり好んで食べていた彼。

生まれながらの好みなんだわ、と諦める私。

の横で、

“美味しいっ〜!”

と息子の分まで平らげる夫。

あなたの為に作ったんじゃないんですけどっ!

と心の中でつぶやく私。

夫→私→息子と好きな気持ちが一方通行な我が家。の1場面。
[PR]
by happy-ruu | 2009-12-20 07:35

あれから。


c0198930_12441240.jpg

髪の毛の話を書いてから、おススメのシャンプー・トリートメントの試供品を分けてもらったり、美容に関する雑誌を借りたり、その雑誌に掲載されてるスクワランタオルを頂いたりして、本当に嬉しいです。

シャンプーとトリートメントは使った翌日の手触りがしっとりで、一回風が吹いただけで絡まる私の髪の毛にもすっと指が入ります。

スクワランタオルは、使った後、肌が乾燥するまでの時間が遅くなった気がします。
それほど慌てて化粧水をはたかなくてもよくなりました。

ちょっとしたグッズやシャンプーでこんなに変化があるんだと感心しきり。
要は私の興味の持ちよう次第だったということですね。
いかに自分が美容に関して手薄だったのか思い知らされてます。

こういう積み重ねが老女になった時大きな差につながるんだわ、という事までは理解。
問題はこの気持ちをどうやって持ち続けるか。。。。。。


たまに、
“美道はどうなった?”

と聞いてください。
[PR]
by happy-ruu | 2009-12-18 12:46 | ひびのこと。

クセになってます。


c0198930_1224713.jpg


幼稚園も午前保育~冬休みに入り、息子連れでは雑貨屋・洋服屋・こじゃれた場所への立ち入り不可能になった私に残された心休まる場所の一つ、木の花ガルデン(産直八百屋さん)。


ガルデンで野菜を見ているとき、心が穏やかになります。
特にこの時期は柚子となめこが美味しい。

柚子はジャムにしてパンにつけたり、お湯を注いで柚子茶にしたり。
最近ではカブを柚子と昆布と甘酢で漬けたなんちゃってお漬物にはまってます。

なめこは家族みんなが愛してやまないきのこの一つ。
私が扱いを最も得意とする調理器具・土鍋!で大量のなめこ汁を作ると、みんな喜んでくれるし、私は堂々と手が抜けるしでいい事だらけ。

柚子となめこがこんなに美味しい土地は九州だからよ、他の土地に引っ越したら、なめこは1パックに少ししか入ってないし、粒は小さいし、おまけに高い!柚子だって1袋に5,6,7個も入って100円なんてありえないんだからね。

と家族に力説する私。

いまいち心に響きづらい話しらしく、あっという間になめこ汁だけが減っていく。
そんな食卓、の我が家です。


今日の私のお昼ご飯も柚子となめこ。
相変わらずの地味ゴハン。
[PR]
by happy-ruu | 2009-12-18 12:25 | ひびのこと。

どうにかして欲しい。。。

昨日は子どもたちがお世話になっているスイミングでの選手育成コースの記録会でした。
息子にとって初めての記録会。
もう気が気じゃなくて、夫婦でドキドキ。

娘は100M個人メドレー・50M平泳ぎ
息子は50M自由形・25Mバタフライ   にエントリー。

娘に言いたい事は、お願いだから結果を残す努力をして、鈍感力を発揮するな!!!
息子に言いたい事は、水泳は速さを競うスポーツだといい加減に理解して!!!

それのみ。

母はずっっっーと頭が痛いのです。

でも私、バタフライなんて泳げないからちょっと息子を尊敬。

勉強もスポーツも数字で計られるのがこんなに辛いだなんて、自分が子どもの頃にはたいして感じなかったのに。

親は何かとつらい生き物だ。。。。。。


c0198930_11335533.jpg



で、わざわざ岐阜から福岡にゴルフにやってきて、我が家に泊まりに来た実父と晩酌に付き合う娘。
超超超マイペースな父とやたらと気が合うわが娘。
後ろ姿は親父が2人。

アルコールに弱い夫に代わり、親父ギャグ付き晩酌にドロリッチとチョコレートでお付き合い。
人にお付き合いできる点は娘の長所。


いいところでも見つけないと私は落ち込みそうで。

親になるって修行だわ、ホントに。
[PR]
by happy-ruu | 2009-12-14 11:41 | こどもたち。